トキノヒトリゴト

ポケモンの記事とかオフレポを書いていきます。Twitterはコチラ→@TokiVGC

VGC2017の戦績

・第22回アリーナオフ4位

 

・バトルロードグロリア2017ラストチャレンジベスト16(スクショ無いけど前日のSDでは80位ぐらい)

 

・PJCS2017

日程A/B/E

→1650代x2、1673→4970〜80(恐らく予選落ち)

 

f:id:Volpepoke:20170625025518p:image

 

PJCS2017を終えて

f:id:Volpepoke:20170502172203j:image

 

おそらく僕の高校生活最後の記事になります。

 

先月から開催された、全国そして世界への切符をかけたPJCS2017に参戦しました。

 

結果からお伝えしますと、ABが1650超え、CD爆死といった感じです。破滅的大敗。

 

アリーナオフ、グロリアと満足とまではいかないもののそれなりの結果を出せていたのですが、今回何故負けてしまったのかを多くの人達からのアドバイスも踏まえて書き留めておこうと思います。

 

①情報量

単純に情報量と言っても、敵の構築の戦術や選出だけでなく、それに対する自分の選出や戦術も含まれます。この部分を、日頃の対戦数だけでなく、練習の時点で毎ターンしっかり考え、学ぶことを重ねることが不可欠でした。

 

②BO1とは何かを知らない

2つ目にBO3(マッチ戦)とBO1の違いです。

 

BO3とは?

・浅い予測でも試合の中で情報を得られるため、二戦目以降から対策を組みやすい

・別にミスをしても、3回中2回ゲームを取れば勝ち

 

BO1とは?

・1つのミスが勝敗の決定打になる

・①でも述べた「情報量」がBO3より遥かに必要不可欠になる

・予想外の技や持ち物、コンボが勝敗を決めやすい

 

元々苦手であった、と言えば完全に言い訳になりますが、実際僕はBO1の本質に気づけていないままPJCSに臨んでいたと思います。

 

③好成績を残すべき日程で取れてない

僕だけでなくこのPJCSに参加したほとんどのプレイヤーが感じていた事ではあるかと思いますが、AB日程とC日程以降のプレイヤーレベルがあまりにも違いすぎました。

 

こうなった理由として、

・記念参加、参加賞目的のプレイヤーがA日程やB日程に集まりやすい

・ABで頑張ってみたものの、もう希望が無いと判断したプレイヤーがC日程を境に消えていった

・結果、D日程で(おそらくE日程も)参加しているプレイヤーの大多数が強者揃いとなった

 

が挙げられます。

 

つまり、予選を抜けるに当たって必要なのは「如何にしてAB日程でレートを稼ぐか」という事でした。前述したように僕のAB日程の戦績は、1650代です。

 

まあ、強者揃いと言っても僕のプレイングがガバガバなだけで、そこがしっかりしている人は勝てていたのでは無いかと思います。

 

今大会で感じたことはこれぐらいです。

 

特に今後の抱負とかはありませんが、とりあえず大学受験頑張ります。

 

ではまた。

 

FIN

 

バトルロードグロリア2017ラストチャレンジ(オフレポ)

f:id:Volpepoke:20170329162752j:image

数ヶ月ぶりのオフレポとなります。

当日のラストチャレンジでは、以下のようなパーティを使用しました。f:id:Volpepoke:20170329165044p:image

ラストチャレンジに向けてかなり煮詰めてきた構築だったので、自信を持って臨むことができました。

 

ここからオフレポとなります。

 

3/18ラストチャレンジ当日

7:00 起床

軽く朝食を済ませてから出かける準備。左腕には僕が愛して止まない花丸ちゃんのアクリルバングル、首には数年前に親友から貰い、今でも大切にしている首飾りを装備し、家を出る。

 

 

 

9:00 会場(KFCホール)到着

会場入りした後、テキトーに席に座ってしばし待機。入った時はあまり人がいなかったものの、15分ほどであっという間に参加者が集まった。

今回のラストチャレンジは普段のオフ会とは違い、遠征勢が数多くグロリア本戦への出場をかけて参加していた。普通なら仲が良くても会うのが困難な人達と会えるいい機会だった(運営全体の準備に時間がかかっていたため、少しゆっくり出来る時間が取れた)。

 

東海勢のうにえる君やしゃなぽけさん、関西勢のみかぜ君やバク君と対戦開始前にオタクグッズの交換やオタクトークで盛り上がり、いい感じに緊張もほぐれ、落ち着いて対戦に臨めた。

 

1戦目 vsFinibisさん

[カプ・コケコ、カビゴンカプ・レヒレ、ピッピ、カプ・テテフヤレユータン]

今回は海外勢も参加していたため、初見で「この人は海外勢やな」と思い込んだ僕が慣れない英語で話してみると、すぐに相手が日本人であることが判明。全力で謝罪した。

 

2-0でストレート勝利

 

2戦目 vs朱羅さん

[テッカグヤウツロイドカミツルギアクジキングフェローチェカプ・テテフ]

UBが構築に五体入っており、気味が悪かった。1戦目はなんとか勝ち取ったものの、2戦目はテッカグヤが急所でやられたり、3戦目で択負けして1-2負け。

 

3戦目 vsしろなんさん

[キュウコン、ウィンディ、カプ・レヒレテッカグヤカビゴンガブリアス]

この試合は普段通りの行動で安定して勝利を収めた。2戦目で取られてしまったものの、なんとか勝利をもぎ取り2-1。息を吹き返す。

 

4戦目 vsひびきさん

[ガブリアス、カプ・コケコ、カミツルギポリゴン2ギガイアス、ウィンディ]

1戦目はカプ・コケコが上手い具合に大暴れして勝利したものの、続く2戦目、3戦目で苦しい状況から中々立ち直ることが出来ずに1-2負け。

 

早くもドロップ目前まで来てしまい、焦る僕である。これ以上やれることなんてない。この先の幸運を祈って勝つしかないのか、俺は結局変われなかったのか...

 

そう思った矢先、僕は自分が持つ最後の武器の存在を思い出す。そう、それがbeatmaniaIIDX 10th style収録の名曲「Daisuke」である。f:id:Volpepoke:20170329005049p:image

 

Daisukeを聴き終え、メンタルリセットを済ませていざ5戦目。

 

5戦目 vsたいきさん

[カプ・レヒレキュウコンガブリアステッカグヤ、ウィンディ、カビゴン]

この手の構築には安定した勝ち方があることを知っていたので相手の行動を読み切りストレートで勝利。

 

6戦目 vsバンナさん

[カプ・コケコ、ギャラドス、ウィンディ、ポリゴン2ギガイアスカミツルギ]

択ゲーや運要素が頻発する中、お互いにポケモンというゲームの本質を味わいつつも1ターン1ターンを楽しめた。この試合は僕が2-1で勝利したものの、どこかでミスがあれば確実にここでグロリアへの挑戦が終わっていた。この日一番苦しい試合だった。

 

7戦目 vs Aaron Zheng

[ポリゴン2ガブリアス、カプ・コケコ、ウィンディ、ベトベトンギガイアス]

読みが冴えていた僕は相手の行動を読み切り2-1で勝利。終盤でポリゴン2が相手のコケコやらベトベトンやらを凍らせていたが、試合にはあまり影響しなかった。凍らせるならもっとアドの取れる盤面でやって欲しい。

 

というわけで2-2から起死回生の5-2で予選抜け。決勝トーナメントではギリギリオポネントが上位に入っていたらしく、一回戦は免除(ベスト32スタート)となった。

 

二回戦を待つ間、ジュニアで活躍していたともひろ君のお母様から声をかけられる。とても優しそうな方だった。今年から中学生になるともひろ君の今後の活躍に目が離せませんね。

 

 

 

決勝トーナメント2回戦(TOP32)

vsほこさん

[グレイシア、キュウコンヤレユータンカミツルギバンバドロ、カプ・コケコ]

霰のメンツが見えたため全試合ポリ2ギガイアス軸で選出。A+2のカミツルギの格闘Zがテッカグヤを吹き飛ばした時は終わったなと思ったが、カプ・コケコの活躍により2-1勝利。

 

 

 

グロリアへの扉が目の前までやってきた。

誰が相手なんだと緊張というよりワクワクしていた僕だったが、急遽運営から名前を呼ばれる。 内容は「配信をするため、パーティの6体を教えて欲しい」との事だった。

 

終戦にしてまさか自分が配信台に行く事になるとは全く予想もしていなかったが、二月のアリーナオフにて一度配信台にて対戦した経験があったため、今更緊張するような事もなく、試合に臨んだ。そしてその対戦相手も、自分が尊敬していたプレイヤーであり、ラスボスに相応しい相手だった。

 

ラストチャレンジ最終戦

vsげべぼさん

1戦目 (試合前に握手)

ポリ2ギガイアス軸の選出。相手のウィンディ手助け&コケコorテテフの高火力によるゴリ押しで圧倒される。ここでコケコが眼鏡であると推測できたところ、テッカグヤの特性「ビーストブースト」によって上昇する能力、技構成、戦術も大方把握できたところで2戦目へ。

(試合終了後に握手)

2戦目(試合前に握手)

ガブリアス&カプ・コケコ軸の選出。相手はウィンディ&テテフ。こちらの勝ち筋は「コケコ及びテテフの火力に崩されなければ勝ち」だったので、ガブリアスで身代わり、コケコはボルトチェンジをテテフ方向に。テテフは守る。これが上手い具合に決まり、更にウィンディが鬼火を持っていることが発覚。その後はテテフ方向にもう一度ボルトチェンジ(テテフはテッカグヤに交代する)→コケコをテッカグヤに交代→ガブリアス地震 という流れで盤面的にアドバンテージを取る。この時、ウィンディがテッカグヤによって縛られていたため、テッカグヤが倒された後こちら側の地震が打ちづらくなる事などを考えつつ、容易に地面Zを撃つことを避けた。結果として終盤にカプ・テテフに地面Zを上手く決めて2戦目は勝利。

 (試合終了後に握手)

地面Zを決めたあたりから、一日頑張っていた3DSのバッテリーが悲鳴をあげ焦る僕だったが、近くにいたScarさんが咄嗟に充電器を貸してくれた。落ち着きを取り戻し3戦目。

 

3戦目(試合前に握手)

2戦目と同じ選出で行こうと一瞬考えたが、先ほどの試合で相手が対策をして来ないわけがない、つまりウィンディ手助け&コケコのマジカルシャインガブリアスとカプ・コケコを圧倒してくるのではないかと考え、ポリ2ギガイアス軸の選出。 

予想通り、相手はウィンディ&カプ・コケコの初手選出。素早さも相手の方が上であったため、コケコ→ギガイアスに交代、ポリ2のトリックルームが綺麗に決まる。 が、2ターン目。鬼火を持っているウィンディをなんとしても倒すべきだったのだが、コケコ方向に岩Z。ポリゴン2は自己再生。コケコがテッカグヤ交代してくる事は分かっていたが、それでもこのターンのプレイングがその後の展開を左右した。 3ターン目、相手のウィンディがポリゴン2に鬼火。テッカグヤは守るを選択、ギガイアスポリゴン2ストーンエッジ(外れる)と10万ボルトでウィンディを集中。4ターン目、ここでテッカグヤワイドガードが炸裂。岩雪崩を綺麗に止められる。その後もガブリアスの身代わりに失敗したり(体力計算を間違えていた)とプレイングミスが頻発し、気づいた時には負けていた(試合終了後に握手)。

 

というわけで僕のグロリアへの道は潰えた。

発表時からグロリア本戦へ出場することが大きな目標であったため、非常に悔しかった。だが、今日ほど全ての試合で学んだことが沢山ある日はなかったし、なにより12月の関東リージョナルで全敗してからここまで来れたことを考えると、若干の達成感を味わえた。

 f:id:Volpepoke:20170329164213j:image

帰り道は某プリキュアオタク(d◯yu)とリリィさん、レモネードさん、てけてけさんと一緒だった。話の中で、てけてけさんと住んでいる場所が割と近いことが発覚。まさかの地元トークで盛り上がれた。笑 

駅に着き、電車に乗る前にげべぼさんに挨拶。もう何度目かわからない握手🤝を交わし、僕は埼玉に帰った。

 

来月から始まるJCSこそは絶対に勝てるようにまた頑張りたいと思います。

 

グロリアで応援して下さった方々、お会いできた方々全てに感謝を。

 

FIN

第63回えりきゃんオフ使用構築

先日行われたえりきゃんオフにて使用した構築を書いていきます。

f:id:Volpepoke:20170312154717p:plain 

f:id:Volpepoke:20170312155129g:plain

 テッカグヤ@たべのこし

ヘビーボンバー/やどりぎのタネ/ニトロチャージ/守る

いつものやつ。

 

f:id:Volpepoke:20170312154753g:plain

カプ・レヒレ@ウイのみ

 ムーンフォース/だくりゅう/光の壁/守る

 このカプ・レヒレのポイントは「光の壁」。

この技とウィンディの威嚇を合わせる戦術がかなり強かった。

 

f:id:Volpepoke:20170312155157g:plain

ガブリアス@こだわりスカーフAS252 H4

ドラゴンクロー/どくづき/いわなだれ/地震

 

f:id:Volpepoke:20170312155217g:plain

カプ・コケコ@ノーマルZ CS252

ボルトチェンジ/自然の力/めざめるパワー炎/守る

 この構築の害悪枠。「自然の力」が刺さった時はかなり強かった。

 

f:id:Volpepoke:20170312155229g:plain

 カビゴン@フィラのみ

リサイクル/呪い/おんがえし/10万ばりき

 メジャーな「呪い&リサイクル」型。

 

f:id:Volpepoke:20170312155248g:plain

 ウィンディ@イアのみ

フレアドライブ/しんそく/バークアウト/守る

このルールにおいて強い。バクアの枠はワイルドボルトなりインファイトなり人それぞれ変えていいかも。なおだゆ氏はレポート書き忘れる事故で決勝トーナメントでバクアが使えなく即負けした模様。

 

戦績:予選落ち

 敗因:テスト勉強しすぎた

 

FIN

 

(BO3用構築)スカーフゲンガー入りスタン

f:id:Volpepoke:20170310230648p:image

今回はフォルテ氏(@forteVGC)がメルボルンにて開催された大会での使用構築を代理で書いて行きたいと思います。

❶ウィンディ@マゴのみ

f:id:Volpepoke:20170310220213p:image

しんちょう 

フレアドライブ/バークアウト/しんそく/守る

 VGC2017におけるトップクラスの一角。

 

ガブリアス@地面Z

f:id:Volpepoke:20170310220759p:image

ようき H4 AS252 

じしん/ドラゴンクロー/いわなだれ/守る

トリル構築、アロー構築以外に選出。

❸カプ・コケコ@命の珠

f:id:Volpepoke:20170310221601j:image

おくびょう CS252 D4 

10万ボルト/マジカルシャイン/挑発/守る 

初手に来るポリゴン2が重いため、挑発を採用。

 

テッカグヤ@たべのこし

f:id:Volpepoke:20170310221830p:image

ヘビーボンバー/やどりぎのタネ/

ニトロチャージ/守る

ニトロチャージ型に魅力を感じているため、

今回も採用。

❺ゲンガー@こだわりスカーフ

 f:id:Volpepoke:20170310222632j:image

おくびょう CS252 H4

ヘドロばくだん/シャドーボール

めざめるパワー氷/みちづれ

 今回の構築の主役。BO3の形式において、2戦目で選出するといった戦術が強力であることに気づき採用。コケコと合わせることで相手の上を取り続ける事が出来るため、場合によってはこの2体で試合が決まることもあった。

 

カビゴン@イアのみ

f:id:Volpepoke:20170310222710p:image

ゆうかん

すてみタックル/10まんばりき/のろい/リサイクル

メジャーな「のろい&リサイクル」型。トリルパに対して選出。

 

フォルテ氏から一言

「 負けたのはすごく悔しいですが、海外の色んな方と対戦する事ができたのはいい経験だったと思います。今後も頑張っていきます」

 

FIN

 

第22回アリーナオフ使用構築 (ベスト4)

どうもトキです。今年初の構築記事となります。

先日行ってきたアリーナオフにて4位に入賞した構築です。(一部の個体に関しては努力値配分を伏せてあります。ご了承下さい。)

f:id:Volpepoke:20170221082512p:image

 

 パーティ紹介&個別解説

キュウコン @こだわりスカーフ

f:id:Volpepoke:20170221155113j:image

控えめCS252

吹雪/フリーズドライ/凍える風/マジカルシャイン 

一般的にはタスキだろうが、スカーフもありかなと適当な気持ちで採用。初手に来るスカーフガブリアスを一掃できるのは中々爽快感があった。相手にギガイアスがいるときに選出するのは絶対ダメ(3位決定戦ではギガイアス構築に対して何故かキュウコン投げてますが参考にしないで下さい)。

 

ウインディ@オボンのみ

f:id:Volpepoke:20170221155420p:image

フレアドライブ/インファイト/神速/守る

威嚇枠。ワンチャンギャラドスも候補だった。

インファイトの枠はワイルドボルトも考えたが、使っていてあまり強く感じられなかった。

 

③カプ・コケコ@こだわりメガネ

f:id:Volpepoke:20170221160317p:image

臆病CS252

ほうでん/10万ボルト/マジカルシャイン/ボルトチェンジ 

序盤ダメージ削り役。スカーフキュウコンと並べることでうまくいけば1ターン目に相手のポケモンを2体倒すことができる。強い。

 

テッカグヤ@たべのこし

f:id:Volpepoke:20170221160351p:image

ヘビーボンバー/ニトロチャージ/やどりぎのタネ/守る

鋼枠+終盤のごり押し役。ニトロチャージがめちゃめちゃ強かった。

 

カプ・テテフ@エスパーZ

f:id:Volpepoke:20170221160413p:image 

控えめCS252

サイコキネシス/ムーンフォース/挑発/守る

構築を組む過程で、ファイアロー入りの構築とハリテヤマポリゴン2の初手がきついと思い入れたポケモン。トリル構築には絶対選出。

 

ガブリアス@じめんZ 

 f:id:Volpepoke:20170221160501j:image

じしん/どくづき/ほのおのキバ/守る

もう1つのZ技枠。先ほど言ったトリル、アロー構築以外にはこいつをだす。

 

最後に

3位決定戦での選出はあまりにも賢者な選出でしたので皆さん真似しないように。(笑)

昨年は「無名雑魚」とよく言われ続けましたが今年からは、サンムーンからはそうはいきません。

 

勝ち続けます。

 

FIN

 

無課金でも大丈夫!効率よくラブカストーンを回収するには

今回はスクフェスの記事となります。

 f:id:Volpepoke:20170128235051j:image

ガチャでレア度の高い推しキャラを引きたい...

イベントで上位を狙いたい...

こういった願望を叶えるには、どうしてもラブカストーンが必要になります。

 

そこで最も効率が良く、スピーディにラブカストーンを回収する方法がサブストーリーです。

 

いかにしてサブストーリーを沢山解放し、ラブカストーンを集めるか。今回はこれをテーマに記事を書いて行きます。

 

①そもそもモブキャラって?

すなわち「一般生」の事です。μ'sやAqoursのメンバーは、ゲーム内では「特待生」となっています。

f:id:Volpepoke:20170128230019p:image

 

②まずはモブキャラを集めよう!

 モブキャラは一般生勧誘及び楽曲をクリア、する事で入手する事ができます。同じキャラクターを二枚分集めることで、特別練習(いわゆる覚醒)が出来るようになります。一回につき6000Gです。f:id:Volpepoke:20170128230359p:image

 

③モブキャラを交えた際のユニットの組み方

 次にユニットの組み方です。自分で何パターンかユニットを試してきましたが、結果から言いますと、SR以上のキャラx3&モブキャラx6ぐらいが最低ラインです。もしセンターにURクラスのキャラを置けるなら、それ一枚だけで最低ラインは突破できます。

 

なぜこのような組み合わせになるかと言いますと、スクフェスにおける楽曲クリア後の報酬、すなわち経験値や絆ポイントの仕組みは、以下のようになっております。

 

経験値...Cランク以上で通常の経験値獲得、

それ以下のランク(ランク外)場合は通常の経験値数の半分しか貰えなくなる。

 

絆ポイント...同じくCランク以上で通常の絆ポイントが貰えるが、ランク外のスコアの場合はたとえフルコンボで終えても貰える絆ポイントは半減してしまいます。

 

[比較画像]

パターンα:フルコンボ、スコアCランク以下で終えた場合(使用ユニット:SRx2、他モブキャラ)

f:id:Volpepoke:20170128233433p:imagef:id:Volpepoke:20170128233435p:imagef:id:Volpepoke:20170128233436p:image

パターンβ:フルコンボ、スコアCランクで終えた場合(使用ユニット:SRx3、他モブキャラ)

f:id:Volpepoke:20170128233923p:imagef:id:Volpepoke:20170128233927p:imagef:id:Volpepoke:20170128233928p:image

ようするに、効率よくモブキャラのサイドストーリーを解放するには、なるべく多くのモブキャラを投入したユニットでフルコンボで楽曲クリアを目指し、Cランクという最低ラインを突破するという事が必要不可欠です。

 

④楽曲は何がオススメ?

簡単にフルコンボを狙える楽曲は以下のようになります。

スマイル...愛してるばんざーい!(μ's)

f:id:Volpepoke:20170128232036j:image

クール...聖なる日の祈り(Aqours)

f:id:Volpepoke:20170128234217j:image

ピュア...baby maybe 恋のボタン(μ's)

f:id:Volpepoke:20170128232509j:image

 

とまあこんな感じです。

 課金なんてしなくても、サイドストーリーを沢山攻略する事でいくらでもラブカストーンを手に入れる事が出来ますので、どんどんモブキャラ達も覚醒して、楽しいスクフェスライフを送りましょう!

 

それではまた。

FIN