トキノヒトリゴト(Toki's Soliloquence)

ポケモンの記事を書きます。ダブルバトルをメインに、オフやレーティングでの使用構築など。

PJCS2018シニア部門TOP8 リザY軸ペルコケコ無限コントロール

トキです。VGC2018の全国大会も終わり、多くのプレイヤーが一息ついてる頃かと思われます。皆さん本当にお疲れさまでした。

f:id:Volpepoke:20180612224807j:image
今回の記事はPJCS2018シニア部門ベスト8となったアサリ ヒデトシ君の構築です。二週間ほど前にヒデトシ君の父であるDebepikaさんから声をかけてくださり、パーティービルダーとして協力させていただきました。

twitter.com

構築経緯

まずメガリザードン軸を組みたいという要望からスタート。

f:id:Volpepoke:20180611222516p:plain

相方としてまず注目していたのはカミツルギです。

f:id:Volpepoke:20180611220431p:plain

耐久の脆さやガオガエンの登場により扱いづらい印象が大きいかと思いますが、AとS種族値の高さから耐久に振り火力や素早さを落としている今の環境ならほとんどのポケモンの上を取って攻めることが可能なうえに、半分ほどダメージを入れておけば大半はゴリ押して倒せるのが最大のポイントです。そのため、対レヒレグロスの際にはサンダーや特殊ランドロスを除けば大体有利対面となるため採用しました。

三体目には臆病カプ・コケコを採用。

f:id:Volpepoke:20180611220655p:plain


採用理由としては、カミツルギよりも速くダメージを与えられる高速アタッカーが欲しかったことや、サンダーへの安定した打点が欲しかったから、そしてフィールド枠が欲しかったからです。

S操作枠として「おいかぜ」「トリックルーム」「こごえるかぜ」「エレキネット」などがありますが、コケコに「こだわりメガネ」を持たせて「エレキネット」を使わせることで、エレキフィールド補正、タイプ一致ということもあってかなりのダメージを与えつつS操作が可能となりました。交代をいちいち読まなくても「エレキネット」を使ってるだけでこちらが上から攻めて行ける状況を作れるため、「雑に強い」感触でした。

4体目には地面と電気の一貫を切り、リザードンとかなり相性良好な霊獣ランドロスを採用。

f:id:Volpepoke:20180611220743p:plain

特殊スカーフ型も考えましたが、すぐに持ち物バレして動きが読まれてしまうのが怖かった点や、ミラー勝負の際の「めざめるパワー氷」をどちらが先にぶつけるかというのが不毛すぎる...などを考えるとあまり使いたくはないなという点、加えてアタッカーは上記三体(リザードンカミツルギ、コケコ)で済んでいるので、サイクルが効きやすく受け出しが非常にやりやすい物理チョッキ型で採用しています。

基本選出として上記四体は確定として、ここから足りない要素を上げると

メガボーマンダジャラランガが非常に重い

f:id:Volpepoke:20180611220859p:plainf:id:Volpepoke:20180611220904p:plain

・ブルルに有効な打点(リザードン)があるもののスカーフ持ちの場合上からいわなだれなどで倒されてしまうため、もう一体対応できるポケモンが欲しい

f:id:Volpepoke:20180611220955p:plain

さらに加えると、
・相手のガオガエンより速く「ねこだまし」を使えるポケモン
・および「この指とまれ」で攻撃を吸えるサポートに徹したポケモン

が浮かび上がりました。
前者の基準を満たすポケモンを探したところ、毒ドラゴンのアーゴヨンを発見しました

f:id:Volpepoke:20180611221046p:plain

最速メガボーマンダの上からドラゴン技をぶつけられる点やゲンガージャラランガ入りのジャラランガに対しても、横のポケモンアーゴヨンを一撃で落とせないため攻撃を通しやすく、一体でも倒してしまえば特性「ビーストブースト」により素早さが上昇(後述していますが臆病CS調整です)するため非常に強力だと判断しました。

6体目として、後者の基準を満たすアローラペルシアンを採用しました。

f:id:Volpepoke:20180611221123p:plain

ランドロスやコケコと同様、「捨てゼリフ」でサイクルだけでなく火力下降も可能な点や、トリックルーム対策となる「ちょうはつ」、物理ポケモン(特にメガメタグロス)に強い「イカサマ」を採用。メインサポーターとして高速アタッカー達の場持ちをよくしたり、タイプ一致イカサマで物理アタッカーの体力を大きく削ぐポテンシャルが非常に強力だと感じました。

 

第一段階としてこの六体がきまり、ヒデトシ君と感想をぶつけながら弱点を探っていたところ、カプコケコだけでメタグロス構築を相手にできたり想像以上のダメージ量とS操作ができるためカミツルギの出番が殆どなかったことや、メガバシャーモ構築と特殊スカーフランドロスに弱かった点からカミツルギを解雇。

そうして何度も試行錯誤していたところヒデトシ君の提案でカミツルギの代わりに入ってきたのは上記の足りない要素を埋めるトリトドンでした。

f:id:Volpepoke:20180611221220p:plain

メガバシャーモやスカーフランドロスに強く出られるだけでなく、呼び水によりリザードンに飛んでくる水技の吸収、並びにアーゴヨンの「サイドチェンジ」と非常に相性がいいため、使い勝手がかなりよかったです。

 

こうしてパーティの六体が決まりました。

f:id:Volpepoke:20180611222516p:plainf:id:Volpepoke:20180611220743p:plainf:id:Volpepoke:20180611221220p:plainf:id:Volpepoke:20180611220655p:plainf:id:Volpepoke:20180611221046p:plainf:id:Volpepoke:20180611221123p:plain

 

個別紹介

f:id:Volpepoke:20180612202325p:plainリザードン@リザードナイトY

控えめ/175-x-111-205-136-142

ねっぷう/かえんほうしゃ/追い風/まもる

エースアタッカー。もともとカミツルギが入っていたため草打点である「ソーラービーム」は採用しなかったのですが、トリトドンに変わった後もカプコケコの存在により結局技構成は変わりませんでした。

 

f:id:Volpepoke:20180612202523p:plainトリトドン@ウイのみ

控えめ/206-x-96-154-111-59

冷凍ビーム/大地の力/まもる/クリアスモッグ

ランドロスボーマンダへの打点となる「れいとうビーム」とタイプ一致打点の「だいちのちから」に加えて、積みポケモン対策の「クリアスモッグ」を採用しました。「ねっとう」は晴れている際に威力が乏しくなってしまうため不採用。

 

f:id:Volpepoke:20180612202629p:plainカプコケコ@こだわりメガネ

臆病/145-x-105-147-96-200

10万ボルト/ボルトチェンジ/エレキネット/マジカルシャイン

CS252振り。エースアタッカー兼S操作枠。前述したように「エレキネット」をメインにひたすら体力と素早さを削っていきます。残りはサイクル可能な「ボルトチェンジ」、タイプ一致打点の「10万ボルト」「マジカルシャイン」となりました。メガボーマンダ構築によく使われる型で、リザードン構築にも見事にフィットしてくれました。

 

f:id:Volpepoke:20180612202713p:plainランドロスとつげきチョッキ

意地っぱり/177-185-111-x-123-136

地震/岩雪崩/とんぼ返り/馬鹿力

僕がガルーラスタンを愛用していた頃に使っていた調整をそのまま持ってきました。

volpepoke.hatenablog.com

ペルシアンやコケコと合わせてサイクルで回すのが基本です。技構成はタイプ一致打点のじじん、対リザードン並びに上振れれば状況を一転させるいわなだれ、対バンギラスにばかぢから、後出しで交代できるとんぼがえりとなりました。

 

f:id:Volpepoke:20180612202802p:plainアーゴヨン@ドラゴンZ

臆病/148-x-93-179-94-190

ヘドロ爆弾/流星群/まもる/サイドチェンジ

CS252振り。

タイプ一致打点として「ヘドロばくだん」は確定、ドラゴンZで落とせる範囲を広げるために最高火力を引き出せる「りゅうせいぐん」はすぐに決まりました。3枠目に「まもる」最後の技には初見殺しとしてあまり知られていない「サイドチェンジ」を採用。これまでの予選においても認知されていないサイドチェンジ持ちは非常に真価を発揮できる為、勝ち進むには必須な技だろうと考えていました。実際、本番ではサイドチェンジが輝いた場面が多かったようです。

 

f:id:Volpepoke:20180612202832p:plainペルシアン@マゴのみ

陽気/172-80-80-x-89-180

猫騙し/イカサマ/すてゼリフ/挑発

この構築のメインサポーター。コケこと合わせて初手で選出することが多く、「ねこだまし」+「エレキネット」のコンボ、「捨てゼリフ」+「ボルトチェンジ」のコンボで盤面を有利にする戦術が非常に活躍してくれました。

 

SDテキスト

Charizard-Mega-Y @ Charizardite Y
Ability: Drought
Level: 50
EVs: 172 HP / 100 Def / 60 SpA / 4 SpD / 172 Spe
Modest Nature
IVs: 0 Atk
- Protect
- Heat Wave
- Flamethrower
- Tailwind

Landorus-Therian @ Assault Vest
Ability: Intimidate
Level: 50
EVs: 100 HP / 28 Atk / 4 Def / 180 SpD / 196 Spe
Adamant Nature
- Rock Slide
- Earthquake
- U-turn
- Superpower

Tapu Koko @ Choice Specs
Ability: Electric Surge
Level: 50
EVs: 252 SpA / 4 SpD / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Thunderbolt
- Electroweb
- Dazzling Gleam
- Volt Switch

Naganadel @ Dragonium Z
Ability: Beast Boost
Level: 50
EVs: 252 SpA / 4 SpD / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Protect
- Ally Switch
- Sludge Bomb
- Draco Meteor

Persian-Alola @ Mago Berry
Ability: Fur Coat
Level: 50
EVs: 252 HP / 28 SpD / 228 Spe
Jolly Nature
- Fake Out
- Foul Play
- Parting Shot
- Taunt

Gastrodon-East @ Wiki Berry
Ability: Storm Drain
Level: 50
EVs: 156 HP / 52 Def / 220 SpA / 76 SpD
Quiet Nature
IVs: 0 Atk / 0 Spe
- Protect
- Earth Power
- Ice Beam
- Clear Smog

 

 

感想

正直メガリザードンY構築は殆ど使ったことがないため環境に適してるとは言っても上手く組めるかが非常に不安でしたが、ガルーラ構築をずっと回していたおかげで客観的ではありますが長所短所をある程度理解していたので、早めに構築を作れたのかなと思います。そんな構築でも短期間の練習で理解し実践してくれたヒデトシ君には本当に感謝しています。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 

【ヒデトシ君】
PJCS2018では、ペルシアンの耐久が思った以上に硬く、ランドロスの巻き込み地震も強気に打っていけました。
(上手くそれで混乱実圏内に持っていくというテクニックも使えた)
トリル状態の時にサイドチェンジアーゴヨンで腹太鼓を積んだカビゴンの攻撃を受けて隣のペルシアンイカサマで倒すという動きも取れました(クレセリアなどと違ってほぼバレないのが強みでした)。
この構築はサイクル技で回していって、ペルシアンで火力を削ぎ、コケコ、ランドロスで殴って相手のポケモンを減らして行くのが非常に今回の環境にマッチしていました。

今回初めてのシニアだったので相手がジュニアの時と比べてどれくらい強い構築やプレイングで挑んでくる分からなかった中、この様なパーティを短い時間の中で考えて頂いてありがとうございました。

 

【Debepika父さん】
今回ひょんなことからご縁があり、短期間でこの様な事をお願い、実施頂いてた事を本当に感謝しております。

初シニアとしては非常に出来過ぎた結果であり、0-7で帰ってきた息子にどう声掛けるべきかと言うのをずっと考えていた自分の気持ちを良い意味で裏切ってくれました(笑)
これからも彼はポケモンを続けて行くでしょう。また何かの折にはご支援宜しくお願いします!

 

FIN

第12回ぽちゃオフ3位使用構築 7th純正ガルーラビートダウン

f:id:Volpepoke:20180514113325p:image

こんにちは、トキです。今回はVGC2018において愛用していたガルーラ構築の記事となります。おそらくガルーラ構築の記事は今年はあまり無いと思われるので、参考になればなと思います🙇‍♂️

構築解説

①ガルーラ@ガルーラナイト

f:id:Volpepoke:20180514120619p:image

性格:いじっぱり

実数値(努力値) 185(36)-194(252)-120-x-120-148(220)

技構成:ねこだまし すてみタックル ふいうち けたぐり

Sは準速カプ・テテフ抜き(S147)とし、Aふっぱ、残りH振りの調整。

バランスの取れた攻守力と初手の行動を安定させる「ねこだまし」により横のポケモンをサポートします。威嚇ガオガエンの登場により以前より更に活躍し辛くなったのは確かであり、実際ガルーラを選出しない試合も少なくありませんでした。

ねこだまし」と未だ火力の高さを誇る「すてみタックル」はすぐに決まり、3つ目は残り体力の少ない相手を確実に狩る「ふいうち」、4つ目に鋼タイプに対して腐らないように「けたぐり」を採用。

AD型のガルーラであれば「ドレインパンチ」や「守る」を採用すると強さを発揮するかと思います。格闘タイプの技の採用は人によりけりですが、「けたぐり」だと倒せるけど「ドレインパンチ」では耐えてくる相手がいたりする「例:バンギラス」ので選ぶ際は注意が必要です。

ランドロス@とつげきチョッキ

f:id:Volpepoke:20180514120726p:image

性格:いじっぱり

実数値(努力値)177(100)-185(28)-111(4)-x-123(180)-136(196)

技構成:じしん いわなだれ とんぼがえり はたきおとす

HDをサイコフィールド補正有(エスパー技1.5倍)の臆病CSカプ・テテフエスパーZ(「サイコキネシス」ベース)確定耐えまでとし、Sは最速メガバンギラス抜き、余りはAに振った調整です。

かなり硬めの調整であらゆる攻撃を耐えながらサポートに徹する役割を持ちます。Aが28振りとかなり低めに見えますが、A種族値の高さから使ってて違和感を感じませんでした。

タイプ一致打点として有力な「じしん」、メガリザードンYに対する打点となる「いわなだれ」はすぐに決まり、3つ目に相手の動きを見て後出しで交代でき、メガゲンガーの「かげふみ」による盤面ロックから離脱可能な「とんぼがえり」を採用。4つ目はカビゴンクレセリアなどのピンチベリーに頼りがちなポケモンに強い「はたきおとす」で決まりました。

ただカビゴンクレセリアが以前よりも激減していて使う場面が少なかったのも事実で、あまり「はたきおとす」を使う場面はなく、打点を持てる相手を増やす「ばかぢから」やS操作できる「がんせきふうじ」等のほうが今の環境はオススメできます。

クレセリア@マゴのみ

f:id:Volpepoke:20180514120625p:image

性格:おくびょう

実数値(努力値)225(236)-x-143(20)-103(60)162(92)-129(100)

技構成:こごえるかぜ  サイコキネシス めいそう つきのひかり

Sを「こごえるかぜ」によりS-1となった最速ボーマンダ抜きとし、CはH252D4振りメガゲンガーを「サイコキネシス」で2発で確実に落とせる火力になるよう振りました。

HBは流行りのDSメガボーマンダの恩返しを3発耐えるラインまで、「てだすけ」+臆病CSメガゲンガーの「シャドーボール」を耐えるところまでとしました。

トリックルーム」ではなく、「こごえるかぜ」を撃ちながらS操作をし、「めいそう」で積んで放置できない役割を持たせました。この考えはバトルロードグロリア2016北陸予選にてぽちゃオフ(http://piplupoff.blog.shinobi.jp/)主催のSummitさん、ぽちゃオフスタッフのコウさんが使用していた構築(http://amalgame.jp/chalk-serperior-kou-20161001/)が原案となっています。

これによりメガゲンガーボーマンダに対して腐ることなく、ガオガエンに対しても打点がないものの一方的に倒されるということは無くなりました。ただ、「こごえるかぜ」でS操作をするか、「めいそう」で積むか、「つきのひかり」で盤面維持をより強固にするかは慎重に選ばなければならず、使い方を間違えるとただの置き物になってしまうので要注意。

カプ・レヒレ@こだわりメガネ

f:id:Volpepoke:20180514120801p:image

性格:控えめ

実数値(努力値)146-x-135-161(252)-150(4)-137(252)

技構成:黒い霧 濁流 マジカルシャイン ムーンフォース

「めいそう」で積む暇やタイミングを見極められず、いっそ「こだわりメガネ」を持たせてゴリゴリ行こうという考えでこの調整。ガルーラやランドロスガオガエンを誘導しつつ「だくりゅう」で削って行くのが主な役割。ただ外れた時のケアが昨年のアローラダブルよりも効きづらく、一長一短ではありました。

控えめにすることで「ムーンフォース」が大半の敵に5割以上のダメージを誇るため凄く頼りになりました。また、「マジカルシャイン」はジャラランガZ発動後のジャラランガであってもダブルダメージで倒すことが可能です。

くろいきり」は積み構築への対策として採用していましたが、こちらの「こだわりメガネ」を押し付ける「トリック」もオススメです。

ヒードラン@シュカのみ

f:id:Volpepoke:20180514120856p:image

性格:ひかえめ

実数値(努力値)186(156)-x-127(4)-200(252)-127(4)-109(92)

技構成:ねっぷう だいちのちから ほえる まもる

Sは「こごえるかぜ」一回で準速メガメタグロス抜きとし、Cはぶっぱ、残りは耐久に振りました。

晴れだけでなく流行りのゲンガー+ジャラランガ構築に対して非常に強く出られる炎枠。炎鋼の複合タイプは耐性が非常に素晴らしく、炎技だけでなく地面技である「だいちのちから」も使えるため優秀なアタッカーとしてパーティを支えてくれました。

タイプ一致打点として「ねっぷう」と盤面維持のための「まもる」を採用したオーソドックスな技構成です。最後の1枠には、積むタイミングやトリルタイミングを見切った時の初見殺しとして「ほえる」を採用しました。

カミツルギ@草Z

f:id:Volpepoke:20180514120852p:image

性格:ようき

実数値(努力値)152(140)-212(60)-152(4)-x-68(92)-171(212)

技構成:リーフブレード せいなるつるぎ おいかぜ みきり

Sは最速ウツロイド抜き、HDは臆病スカーフランドロスの「だいちのちから」を確定で耐えるラインまで、残りはAに振りました。

A種族値181なだけあって火力は破壊的だったものの、Dの低さから扱い慣れるまでが非常に長かったです。

代表的な選出一覧

f:id:Volpepoke:20180514115717p:image

f:id:Volpepoke:20180514115719p:image

f:id:Volpepoke:20180514115723p:image

 

最後に

今年のPJCS予選はこの構築と別の方から貰った構築の2つで挑戦しましたが良い結果で終わることができず残念です。しっかり反省してまた来年のルールで頑張りたいと思います。全国、世界へ出場されるプレイヤーの皆さんが活躍されることを心から祈ってます。

ここまで長々と記事を読んでくださった皆様、構築案を出してくださった方々、練習に付き合って下さった方々本当にありがとうございました!f:id:Volpepoke:20180514123157j:image

 

INCJanuary使用構築 トキ流ガルーラウルガモスビート(瞬間最高1767 最終168x)

f:id:Volpepoke:20180222000854p:image

1月のINCにて使用した構築です。

ガルーラ構築の開拓で頭を悩ませ続けてるのでこの記事を見てくださった方から少しでも意見が貰えたら幸いです。

瞬間最高1767 最終168x

①ガルーラf:id:Volpepoke:20180222001121p:image

性格:意地っ張り

持ち物:ガルーラナイト

努力値:H84 A116 B4 D236 S68
技:猫騙し/捨て身タックル/ドレインパンチ/守る

マッスルさん(@poke06281488)が施した調整(http://poke0628.hateblo.jp/entry/2017/12/20/054755)をそのまま採用。

守る→冷凍パンチにしたASガルーラも使っていたがADの方がしっくりきた。もう少し補助的役割を持たせるために手助けなんかも採用すると良いと思う。

 

ウルガモスf:id:Volpepoke:20180222001225p:image

性格:控えめ

持ち物:マゴのみ

努力値:H132 B4 C188 D4 S180

技:熱風/ギガドレイン/蝶の舞/守る

調整:

・A-1意地っ張りA252ランドロスの岩雪崩を確定耐え

・準速ランドロス+1抜き

残りC 

ガルーラの相方、かつメインアタッカーとして採用。使い心地は悪くなかったが、今のランドロスは耐久に振る型が多く、ASに大きく割いた調整は施されてないのが主流となっているためもう少し調整を捻るべきだと感じた。

 

カプ・レヒレf:id:Volpepoke:20180222001344p:image

性格:臆病
持ち物:氷Z
努力値:HS252 D4
技:黒い霧/挑発/自然の怒り/凍えるかぜ

積み構築系統全てに対して強く出られる型。積み構築に対してだけでなく、上からの自然の怒りにより横のポケモンで倒すことを容易にする。

 

④カプ・コケコf:id:Volpepoke:20180222001415p:image

性格:臆病
持ち物:電気Z
努力値:H4 B4 C252 D68 S180
技:10万ボルト/ボルトチェンジ/マジカルシャイン/守る
調整

・最速メガボーマンダ抜き

・控えめC252ヒードランの大地の力を確定耐え

残りC あまりHB

技構成、持ち物は一般的な型。最速にしなかったのは、メガゲンガーやミラー戦での同速勝負が不毛すぎた事、少し耐久に振れば耐えられる攻撃が見つかった事、メガボーマンダさえ抜ければ良いんじゃないかという事から。

元々挑発を採用していたが、今回はその役割を前述したカプ・レヒレが担う上、サイクルを重視したかったためボルトチェンジとなった。

 

スイクンf:id:Volpepoke:20180222001314p:image
性格:臆病
持ち物:ウイのみ
努力値:H132 B108 C132 D4 S132
技:追い風/バークアウト/凍える風/熱湯
調整:
・陽気カミツルギリーフブレード確定耐え
・S-1最速カプ・コケコ抜き
・残りC
初手でガルーラと合わせて出すケースが多い。雨パに対してはバークアウトで火力を下げ続け、それ以外には追い風→バクアor凍える風で様子を見ながら動かす。
中々良い調整案が思い浮かばず、未だに迷走中。

ランドロスf:id:Volpepoke:20180222001451p:image
性格:意地っ張り
持ち物:とつげきチョッキ
努力値:H92 A156 B4 D76 S180
技:岩雪崩/地震/とんぼがえり/はたき落とす
調整
・晴れ下C252控えめリザYのオーバーヒート確定耐え
・S-1最速カプ・コケコ抜き
残りA 余りB
優秀な威嚇枠。今年のランドロスはアタッカーというよりサポーター的役割を持たせた方が強いと感じている(構築にもよるかもしれないが)。

 

代表的な選出一覧

 f:id:Volpepoke:20180221235737p:image

 f:id:Volpepoke:20180222010339p:image

f:id:Volpepoke:20180222010345p:image

この構築の内容は一通り書けたかと思います。

長くなりましたが、ここまで読んで下さった方々、ありがとうございました。意見などありましたらリプやDMで是非ご提供下さい🙇‍♂️

3月、4月のINCも頑張ります。

 

FIN

2017年度の戦績

f:id:Volpepoke:20171115003746j:image

少ないですが今年度の実績。まあ去年よりマトモにはなったんで来年のルールもマイペースに頑張ります。

・DEXオフ:予選5-1(→三すくみで予選落ち)

・第22回アリーナオフ:4位

・グロリア2017ラストチャレンジ:ベスト16

・PJCS2017:4986

・ワールドカップ予選:3回戦敗退

 

来年こそ世界いきてぇなぁ...

 

(SM全国ダブル)Lacquer杯 優勝構築

トキです。
昨晩Showdown!にて行われたLacquer杯にて優勝する事が出来ました🥇ORASでの全国ダブルは全く勝ててなかったので今回の結果で少し自信が持てました。使用した構築は以下の画像の通りです。f:id:Volpepoke:20171022131541j:image

EMOLGAMEの構築記事の中にぶっちょさん(@buccho_poke)のメガサーナイト構築(http://www.emolgame.jp/blog-entry-137.html)、並びにその構築を改良したしらぬいさん(@rena_poke)の構築(http://www.emolgame.jp/blog-entry-155.html?sp)を発見し、使ってみてかなり感触が良かったので少しだけいじって大会に持ち込みました。どの構築にも柔軟に対応できるのが強いです。

対戦してくださった皆様、運営のLacquerさん、ありがとうございました🙇


最後に

勝戦のリプレイはこちらになります!👇
http://replay.pokemonshowdown.com/gen7battlespotdoubles-648384398

バトルロードグロリア2017ラストチャレンジ使用構築 GACT+ギガイアスポリゴン2

f:id:Volpepoke:20170813125547p:image

トキです。本当の本当に最後の記事となります。

僕がこのルールでやれる事はもう無いと判断したため、バトルロードグロリアにて使用した構築を紹介します。このルールはバトルロードグロリアからJCS、そして現在までずっとGACT(ガブリアスウインディテッカグヤ、カプ・コケコ)を主軸とした構築を愛用していました。グロリアでは残り2枠にポリゴン2ギガイアスを、JCSから現在まではキュウコンカビゴンを採用しています。後者に関しましては既にSORIAさんエモルガムにて執筆されており、僕自身もSORIAさんから教えていただいた構築を使用していたためここではポリゴン2ギガイアス構築のみ書かせていただきます。

 

f:id:Volpepoke:20170813015445p:imageガブリアス

持ち物:地面Z

性格:陽気

努力値:H4 A116 B4 D132 S252

技:じしん/ドラゴンクロー/みがわり/守る

H,A,B:余り

D:C4振りランク1段階上昇ポリゴン2れいとうビームを確定耐え

S:最速

耐久に若干努力値を割いた型。「みがわり」は第22回アリーナオフ準決勝にてゆういちさんと対戦した際、BO3において不利な状況を一気に変えられる技として強いんじゃないかと思い採用。使った盤面こそ少なかったが、何度も救われた技でもあった。

②カプ・コケコf:id:Volpepoke:20170813020638p:image

持ち物:こだわりメガネ

性格:控えめ

努力値:H4,CS252

技:10万ボルト/エレキボール/ボルトチェンジ/マジカルシャイン

某サイトにて「エレキボール」が紹介されているのを発見し、遅いポケモンに対してかなりの火力を誇れる点から非常に魅力を感じた。まだ意識されていなかったが故にヤレユータンギガイアスポリゴン2によく刺さった。

 

ウインディ

f:id:Volpepoke:20170814152545p:image

持ち物:バンジのみ

性格:陽気

努力値:H252 A40 B4 D60 S156

技:フレアドライブ/バークアウト/しんそく/守る

H 16n+1

A 前述したカプ・コケコのマジカルシャイン+ウインディフレアドライブでH252振りテッカグヤに89.7%〜105.8%ダメージ

B,D:余り

S 準速カプテテフ+1抜き

 

上からバークアウトを撃ち相手の火力を削り続けるサポートを担った型。「しんそく」の枠は「てだすけ」や「おにび」なども候補に上がっており悩みどころでしたが微妙に耐え切っている相手の体力を削り取る盤面が多く感じられたので「しんそく」に落ち着きました。

 

テッカグヤ

f:id:Volpepoke:20170813103227p:image

持ち物:ソクノのみ

性格:しんちょう

努力値:H252 A132 B52 D68 S4

技構成:ヘビーボンバー/かえんほうしゃ/やどりぎのタネ/守る

H:252振り

A:余り

B:性格によるA補正無しA252振りウインディフレアドライブ確定耐え

D:エレキフィールド補正有の臆病カプ・コケコ電気Z(10万ボルトベース)をソクノのみと合わせて確定耐え

S:余り

耐久面を意識しつつも半減きのみのおかげでAにも多めの努力値を割けた。技はオーソドックスな構成。

 

ギガイアスf:id:Volpepoke:20170813105024p:image

持ち物:岩Z

性格:ゆうかん

努力値:H244 A116 B40 D108

技:ストーンエッジ/いわなだれ/どくどく/守る

 H:244振り

A:余り

B:威嚇によりA1ランク下降したA252振り陽気ガブリアスの地面Z(じしんベース)を確定耐え

D:サイコフィールド補正有のC252振り控えめカプ・テテフエスパーZ(サイコキネシスベース)を確定耐え

今考えてみると「どくどく」ではなく「のろい」でもよかったかもしれない。ギガイアスポリゴン2が刺さってるな、と思った場合のみ選出。

 

ポリゴン2

f:id:Volpepoke:20170813113022p:image

持ち物:しんかのきせき

性格:れいせい

努力値:H244 B140 D124

技:れいとうビーム/10万ボルト/じこさいせい/トリックルーム

H:16n-1

B:A252振り陽気カミツルギ格闘Z(せいなるつるぎベース)確定耐え

D:余り

 

こちらも一般的な型。あまり話すことはないです。

★選出

対トリルパorギガイアスが刺さってる場合

表:ポリゴン2&カプ・コケコ

裏:ギガイアス&テッカグヤ

 

対GACT or LACT 

パターンA

表:ガブリアス&カプ・コケコ

裏:ウインディ&テッカグヤ

 

パターンB

表:ポリゴン2&カプ・コケコ

裏:ギガイアス&テッカグヤorウインディ

 

対AFK,DJパ

表:ポリゴン2&カプ・コケコ

裏:ギガイアス&テッカグヤorウインディ

 

事前に選出を考えるのは当然の事ですが、個人的にBO3における選出として

1戦目勝ち→選出を変えないor不要だと思ったポケモンのみ変更して2戦目突入

1戦目負け→選出を変更して2戦目突入

2戦目勝ち→ゲームセット

2戦目勝ち→3戦目で相手が2戦目の選出を対策してくる場合が大半なのでよく考えて3戦目突入

2戦目負け→2戦目で負かされた選出を見て対策するか選出を変えずに3戦目突入

 

なのかなと思います。あくまで僕個人の発想ですので、世界大会に何度も出場されてる方々やベテランのプレイヤーに聞くのが一番いいと思います。

 

★最後に

ORASでは何も結果を残せませんでしたが、あるプロゲーマーの本の中にあった「新作からはみんなゼロからのスタート。そのタイミングを逃さなければ必ず強くなれる」と言う言葉に支えられながらアローラダブルに全力で取り組みました。結果的に全国には行くことは出来ませんでしたがもうこのルールとポケモンに悔いはないです。それぐらいやり切った感じはあります。今年の日本代表に選ばれた皆様が世界でも大暴れしてくれることに期待してます。

 

ここまで長々と記事を読んでくださった皆様、並びにアローラダブルにおいてお世話になった数多くの皆様、本当にありがとうございました。

 

それではまたいつの日か。👋

 

FIN

バトルロードグロリア2017ラストチャレンジ(オフレポ)

f:id:Volpepoke:20170329162752j:image

数ヶ月ぶりのオフレポとなります。

当日のラストチャレンジでは、以下のようなパーティを使用しました。f:id:Volpepoke:20170329165044p:image

ラストチャレンジに向けてかなり煮詰めてきた構築だったので、自信を持って臨むことができました。

 

ここからオフレポとなります。

 

3/18ラストチャレンジ当日

7:00 起床

軽く朝食を済ませてから出かける準備。左腕には僕が愛して止まない花丸ちゃんのアクリルバングル、首には数年前に親友から貰い、今でも大切にしている首飾りを装備し、家を出る。

 

 

 

9:00 会場(KFCホール)到着

会場入りした後、テキトーに席に座ってしばし待機。入った時はあまり人がいなかったものの、15分ほどであっという間に参加者が集まった。

今回のラストチャレンジは普段のオフ会とは違い、遠征勢が数多くグロリア本戦への出場をかけて参加していた。普通なら仲が良くても会うのが困難な人達と会えるいい機会だった(運営全体の準備に時間がかかっていたため、少しゆっくり出来る時間が取れた)。

 

東海勢のうにえる君やしゃなぽけさん、関西勢のみかぜ君やバク君と対戦開始前にオタクグッズの交換やオタクトークで盛り上がり、いい感じに緊張もほぐれ、落ち着いて対戦に臨めた。

 

1戦目 vsFinibisさん

[カプ・コケコ、カビゴンカプ・レヒレ、ピッピ、カプ・テテフヤレユータン]

今回は海外勢も参加していたため、初見で「この人は海外勢やな」と思い込んだ僕が慣れない英語で話してみると、すぐに相手が日本人であることが判明。全力で謝罪した。

 

2-0でストレート勝利

 

2戦目 vs朱羅さん

[テッカグヤウツロイドカミツルギアクジキングフェローチェカプ・テテフ]

UBが構築に五体入っており、気味が悪かった。1戦目はなんとか勝ち取ったものの、2戦目はテッカグヤが急所でやられたり、3戦目で択負けして1-2負け。

 

3戦目 vsしろなんさん

[キュウコン、ウィンディ、カプ・レヒレテッカグヤカビゴンガブリアス]

この試合は普段通りの行動で安定して勝利を収めた。2戦目で取られてしまったものの、なんとか勝利をもぎ取り2-1。息を吹き返す。

 

4戦目 vsひびきさん

[ガブリアス、カプ・コケコ、カミツルギポリゴン2ギガイアス、ウィンディ]

1戦目はカプ・コケコが上手い具合に大暴れして勝利したものの、続く2戦目、3戦目で苦しい状況から中々立ち直ることが出来ずに1-2負け。

 

早くもドロップ目前まで来てしまい、焦る僕である。これ以上やれることなんてない。この先の幸運を祈って勝つしかないのか、俺は結局変われなかったのか...

 

そう思った矢先、僕は自分が持つ最後の武器の存在を思い出す。そう、それがbeatmaniaIIDX 10th style収録の名曲「Daisuke」である。f:id:Volpepoke:20170329005049p:image

 

Daisukeを聴き終え、メンタルリセットを済ませていざ5戦目。

 

5戦目 vsたいきさん

[カプ・レヒレキュウコンガブリアステッカグヤ、ウィンディ、カビゴン]

この手の構築には安定した勝ち方があることを知っていたので相手の行動を読み切りストレートで勝利。

 

6戦目 vsバンナさん

[カプ・コケコ、ギャラドス、ウィンディ、ポリゴン2ギガイアスカミツルギ]

択ゲーや運要素が頻発する中、お互いにポケモンというゲームの本質を味わいつつも1ターン1ターンを楽しめた。この試合は僕が2-1で勝利したものの、どこかでミスがあれば確実にここでグロリアへの挑戦が終わっていた。この日一番苦しい試合だった。

 

7戦目 vs Aaron Zheng

[ポリゴン2ガブリアス、カプ・コケコ、ウィンディ、ベトベトンギガイアス]

読みが冴えていた僕は相手の行動を読み切り2-1で勝利。終盤でポリゴン2が相手のコケコやらベトベトンやらを凍らせていたが、試合にはあまり影響しなかった。凍らせるならもっとアドの取れる盤面でやって欲しい。

 

というわけで2-2から起死回生の5-2で予選抜け。決勝トーナメントではギリギリオポネントが上位に入っていたらしく、一回戦は免除(ベスト32スタート)となった。

 

二回戦を待つ間、ジュニアで活躍していたともひろ君のお母様から声をかけられる。とても優しそうな方だった。今年から中学生になるともひろ君の今後の活躍に目が離せませんね。

 

 

 

決勝トーナメント2回戦(TOP32)

vsほこさん

[グレイシア、キュウコンヤレユータンカミツルギバンバドロ、カプ・コケコ]

霰のメンツが見えたため全試合ポリ2ギガイアス軸で選出。A+2のカミツルギの格闘Zがテッカグヤを吹き飛ばした時は終わったなと思ったが、カプ・コケコの活躍により2-1勝利。

 

 

 

グロリアへの扉が目の前までやってきた。

誰が相手なんだと緊張というよりワクワクしていた僕だったが、急遽運営から名前を呼ばれる。 内容は「配信をするため、パーティの6体を教えて欲しい」との事だった。

 

終戦にしてまさか自分が配信台に行く事になるとは全く予想もしていなかったが、二月のアリーナオフにて一度配信台にて対戦した経験があったため、今更緊張するような事もなく、試合に臨んだ。そしてその対戦相手も、自分が尊敬していたプレイヤーであり、ラスボスに相応しい相手だった。

 

ラストチャレンジ最終戦

vsげべぼさん

1戦目 (試合前に握手)

ポリ2ギガイアス軸の選出。相手のウィンディ手助け&コケコorテテフの高火力によるゴリ押しで圧倒される。ここでコケコが眼鏡であると推測できたところ、テッカグヤの特性「ビーストブースト」によって上昇する能力、技構成、戦術も大方把握できたところで2戦目へ。

(試合終了後に握手)

2戦目(試合前に握手)

ガブリアス&カプ・コケコ軸の選出。相手はウィンディ&テテフ。こちらの勝ち筋は「コケコ及びテテフの火力に崩されなければ勝ち」だったので、ガブリアスで身代わり、コケコはボルトチェンジをテテフ方向に。テテフは守る。これが上手い具合に決まり、更にウィンディが鬼火を持っていることが発覚。その後はテテフ方向にもう一度ボルトチェンジ(テテフはテッカグヤに交代する)→コケコをテッカグヤに交代→ガブリアス地震 という流れで盤面的にアドバンテージを取る。この時、ウィンディがテッカグヤによって縛られていたため、テッカグヤが倒された後こちら側の地震が打ちづらくなる事などを考えつつ、容易に地面Zを撃つことを避けた。結果として終盤にカプ・テテフに地面Zを上手く決めて2戦目は勝利。

 (試合終了後に握手)

地面Zを決めたあたりから、一日頑張っていた3DSのバッテリーが悲鳴をあげ焦る僕だったが、近くにいたScarさんが咄嗟に充電器を貸してくれた。落ち着きを取り戻し3戦目。

 

3戦目(試合前に握手)

2戦目と同じ選出で行こうと一瞬考えたが、先ほどの試合で相手が対策をして来ないわけがない、つまりウィンディ手助け&コケコのマジカルシャインガブリアスとカプ・コケコを圧倒してくるのではないかと考え、ポリ2ギガイアス軸の選出。 

予想通り、相手はウィンディ&カプ・コケコの初手選出。素早さも相手の方が上であったため、コケコ→ギガイアスに交代、ポリ2のトリックルームが綺麗に決まる。 が、2ターン目。鬼火を持っているウィンディをなんとしても倒すべきだったのだが、コケコ方向に岩Z。ポリゴン2は自己再生。コケコがテッカグヤ交代してくる事は分かっていたが、それでもこのターンのプレイングがその後の展開を左右した。 3ターン目、相手のウィンディがポリゴン2に鬼火。テッカグヤは守るを選択、ギガイアスポリゴン2ストーンエッジ(外れる)と10万ボルトでウィンディを集中。4ターン目、ここでテッカグヤワイドガードが炸裂。岩雪崩を綺麗に止められる。その後もガブリアスの身代わりに失敗したり(体力計算を間違えていた)とプレイングミスが頻発し、気づいた時には負けていた(試合終了後に握手)。

 

というわけで僕のグロリアへの道は潰えた。

発表時からグロリア本戦へ出場することが大きな目標であったため、非常に悔しかった。だが、今日ほど全ての試合で学んだことが沢山ある日はなかったし、なにより12月の関東リージョナルで全敗してからここまで来れたことを考えると、若干の達成感を味わえた。

 f:id:Volpepoke:20170329164213j:image

帰り道は某プリキュアオタク(d◯yu)とリリィさん、レモネードさん、てけてけさんと一緒だった。話の中で、てけてけさんと住んでいる場所が割と近いことが発覚。まさかの地元トークで盛り上がれた。笑 

駅に着き、電車に乗る前にげべぼさんに挨拶。もう何度目かわからない握手🤝を交わし、僕は埼玉に帰った。

 

来月から始まるJCSこそは絶対に勝てるようにまた頑張りたいと思います。

 

グロリアで応援して下さった方々、お会いできた方々全てに感謝を。

 

FIN